開運ネットワークの活用!願いを天に届けてもらう秘法を公開する

ネットワークはあなたのために働きます。ネットワークといっても親友の集まりだと特定しないで頂きたい。ネットワークには家族のつながり、学校の友達や職場の同僚などが含まれています。

むしろあまり親密な関係ではない方がネットワークとして活発に働きます。普段から挨拶を交わしているだけのような人もですから、ネットワークを構成する一員として理解してください。

そのようなネットワークが目の前にありながら、願い事を一人で抱えていてはいけない。ネットワークは正しく活性してくれる人を支え、助けてくれるからです。でもうまく使えていない残念な人が少なくありません。

特にSNS等のネットワークやビジネスネットワークとは別物であることには注意をお願いします。これらは少しニュアンスが違っていたり、制限が緩すぎたりして時には大きなリスクを抱え込むことになりかねないのです。

ここではネットワークで開運するための秘法を公開します。活用のための秘法は4つの項目だけ。これだけでネットワークは貴方の開運のツールとして力を発揮します。まず…。

ネットワークは多様性が大切だということ。できるだけ多様な人に伝えたいからです。職業であったり、学校であったりとネットワークが偏ってしまうと、その分、働いてもらう領域を狭くしてしまうだけなのです。

継続性を持たせるのは大前提です。できるだけ長期間伝え続けるのが大切です。昨日と今日とで願いが変わってしまうようだと、ネットワークも混乱してしまいます。そうなると、早晩開運は破綻してしまうでしょう。

公益性を大切にする心を持ってください。何も世界平和のために働けというのではありません。少なくとも利己的な願望に終始しないでおかないとネットワークは機能しなくなります。

そのため社益性を持たせるように注意しましょう。社益性とはネットワークに所属する人たちに何かの利益が還元される性質です。それは応答と呼んでも良いかも知れません。あなたの喜びをしっかりとネットワークに伝えるようにするのは最低限のマナーです。

わかりやすく表現するのも大切な心がけ。ネットワークに何を望んでいるのかを明確にします。願いが恋人探しでも、「私の好みの人」では何も表現できていませんし、伝わりません。具体的に整理しておく方がよいでしょう。

匿名主体では機能しないのを知っておくべきです。誰かが喜ぶということに対してネットワークは冷淡です。世界の子供たちが…と訴えている団体が成果を上げられない理由も同じです。誰の望みで誰が喜ぶのかを明確にします。

主体性を持つことに直結する条件です。主体性がなければ、ネットワークは機能できません。ですから自助努力を優先するべきなのです。すべてを他人任せにしようとしているのではどうしようもないでしょう。

ですから人には自分から出かける・会いに行くようにします。相手の住んでいる場所、通っている学校の近く、職場の近くに自分から出かけます。その行為は自分が感じている責任感を相手に伝えます。

そして自分が喜ぶことに集中しましょう。あなたを反省させるためにネットワークを使ってはいけません。あなたを悲しませるためにネットワークを使ってはいけません。それはルール違反なのです。

これらの秘法を使って、例えば出会いのパーティを活用すると考えるなら、自分でパーティを幹事するのが最上の方法でしょう。もはや出会いを看板にする必要すらありません。

あなたの知り合いをできるだけ多く招くことができれば、それで良いのですが、ハレとケのバランスを取るために普段から全員に接触をとり続けた上で、イベントを定期的に企画します。