知らないと大損かも!友達ネットワークが開運のカギを握っていた

ほとんどの人は何かのグループに所属しているはずです。そのグループには目的があるはずです。会社であれば営業成績を上げる、学校であれば成績を上げるなど。ほとんどのグループは何かの目的を持っており、それを達成するために努力します。だからこそ開運が必要になってきます。

でも家庭もグループですよね。家庭には明確な目的はないかも知れません。それでもなんとか良い家庭にしたいと願っている人は多いはず。それ以外でも友人のネットワークも忘れられません。

どうして開運が必要かと問えば、グループの中で一人、気を吐いても周囲はついてこないからです。営業活動はもちろん、個人プレーはむしろ周囲から疎まれたりします。家庭では違うと考えられません。

気合いが周りを萎縮させてしまうのはどこでも同じ状況を生み出すでしょう。周囲との軋轢を生じるのもこのような状況です。ではグループなど不要なのでしょうか?実際にそのような結論に至る人も少なくないようですが、これは社会的な問題の温床を作ります。

一人でできることとグループでできることを比べると、圧倒的にグループの方が成果を残せるでしょう。しかし、グループが順調に稼働するためには、考えておかなければならない点がいくつもあります。

その代表的なものはグループで動くと焦点がずれて効率が落ちるという点です。登山のようなものですら、グループを組んで登山すると単独行よりスピードが落ちてしまいます。会社でも同じ現象が生じます。

効率を良くしたいあまり、グループ全体が暗礁に乗り上げたり、遭難してしまったりという悲劇を生むこともあり、社会活動なら、グループの解体という結果を招きます。目的に対する効率追求が問題を生じる原因に見えます。効率だけを求めるグループは弱いのです。

当然、目的がなければ良いのか、ではありません。目的が曖昧になるとグループの存在意味が弱くなるだけだからです。この問題をどのように解決すれば良いのかは積年の課題になっています。

逆にグループの良い点に注目しましょう。グループで動くと多様性が生まれます。目的に対する情念がばらばら、関与する程度もばらばらといったグループに多様性はありますが、とても効率的に目的を達成できるとは思えません。

長期的に活動できるのは多様性のあるグループです。また拡大できるのは多様性のあるグループなのです。効率性に代えて長期化と拡大性を求めるのが答えであるように思います。バランスを考えて極端な判断は避けるべきだとも思いますが。

長期的な活動に耐えるグループも拡大性豊かなグループも目的を達成する力を持ちます。そのために穏やかな目的を共有しているグループが理想になります。このグループはどのような特徴があるでしょうか。

そのようなグループは全員参加が理想ではありません。全員参加が強制されると多様性は完全に失われます。会議でも参加者が全員だと毎回同じ議題と同じ応答が約束されてしまいます。理想は半分の人間が入れ替わり会議を重ねることで、これで多様性は最大になります。

働き蟻の法則は同じことを主張しています。全員が同程度に同じ内容に従事しないようにメンバーを配分します。穏やかに関わるメンバーを許容すると言い替えるとわかりやすいでしょうか。サークルでは幽霊メンバー歓迎といったところです。

多様性の目的は楽しみを創り出すことで、グループの魅力を養い、拡大性を獲得します。そのために規範を緩くする必要があるかも知れません。最低限のグループの規範は何でしょうか?グループの規範は参加者を制限します。

工夫された多様性が大切な開運に結びついていることは明らかです。