簡単に実践できる!幸運体質を作り上げるノウハウで幸運を招く

強化学習は単なる繰り返し学習は違います。繰り返し学習は同じ行為を繰り返す方法を意味しますが、一方の強化学習は、学習内容に焦点があります。強化学習では好ましい内容を繰り返します。

その好ましい内容が何かというと、自分が開運体質であって幸運に恵まれるという信念です。世の中に出回っている開運本は、この点に関心が薄いようで、どうすれば信念を形成できるかについてあまり言及がありません。

まず日々の出来事を詳細に、そしてできるだけ簡潔に記録します。できるだけ簡単な表現を選んで、事実そのものを記述するように注意しましょう。「彼がいじわるをした」という表現ではなく、彼が何をしたか、具体的な行動を記述します。

いじわるという言葉は単純な事実ではなく、そこに意味や価値判断を含めてしまっています。具体的な行為が何であれ、いじわると表現してしまうと、それは意地悪な行為として固定されてしまい、ネガティブな記憶を形成してしまいます。

実は出来事の意味づけは自分次第です。言葉が世界ができていると宣言したのはウィトゲンシュタインでした。世界は事実を言葉で表現されることでできあがっているのです。

そして世界を語る言葉には、さまざまに意味づけする言葉が添えられて事実だと認定されています。事実そのものを感覚、価値、意味から一旦分離してから、意識的に意味づけする習慣を身につけます。

そのために長期目標と短期目標とを使い分けましょう。長期目標は短期目標を達成し続けた結果たどり着くモノです。ですから今日の目標は英語をマスターするというのは間違った設定です。英語をマスターするというのは長期的な目標でしょう。そのために今日は何ができるかと考えれば良いのです。

長期目標の設定には、少しのコツが必要なようです。みんなの幸せを考えると多くの人が巻き込まれるというのもその1つでしょう。自分だけの幸せを願っている人に周囲の人は無関心だからです。みんなが喜べることを目標にすると開運になります。

日誌を付ける習慣を作って強化学習します。毎日、小さい幸運を見つけ出すことで、観察眼が育ち、記録を習慣にすると事実を意識的に評価する力が育っていきます。これが開運する力の基礎になっています。具体的に提案してみましょう。

よかったことを毎日3つ見つけて記録します。多く探せるようになりますが、最初は3つくらいが適当な量のようです。事実を一旦記録して、時間を空けてから、その意味を書き加えます。手順を分けることで、意識的な意味づけが習得できます。

土曜日は日誌を見直す日と決めておくと良いでしょう。もちろん1週間のサイクルが違う人は自分に合わせればよいのです。大切なのは定期的に見直す感覚と、期間的な感覚です。開けすぎると習慣は消えてしまい、短すぎるとストレスになります。

日曜日は1週間の目標を考えて、長期目標に定期的な手入れをします。そして週間目標が立てられるならば、よりよい週間を獲得できるはずです。そして記録を読み返して、受け取った感覚を記録しておくと後で、モチベーションを支えてくれるはずです。

平穏無事という幸運です。書くようなことがないというのはつまり、書く必要を感じるような事件がなかったという主張です。それでも何かして過ごしたはずです。それらの内容は何の障害もなく済ませることができたのですから、それを記録しておくのがよいのです。

危険を免れる幸運もあります。何事もなく繁華街を通り過ぎたのだけど、直後に事件があったというのは、一種の幸運です。少しだけ条件が違っていれば、危険に遭遇していたと考えられるならば、それは幸運だったのです。