どうしてこの開運術は効果があるの?それは実証されてきたから

理論は効果を保証しません。科学が全盛時代を迎えて、私たちは幼い頃から科学的な考え方を教えられてきました。そのため、理論的に成立していれば、必ず効果があると無意識に思い込んでいるようです。

極端になると、理論的な説明ができないと、まったく相手にしない人たちもいるほどです。しかし、世の中には科学的な理論を完成していない物事は一杯なのです。例えば、人を愛するとか理論的に説明は尽くせませんよね。

かりに理論的に説明可能だとしても、効果を約束するのではないことも明らかです。人がどのように健康になるかを理論的に説明しても、その通りにならないから病気は悩みの種であり続けています。

理論は効果を約束しませんが、非科学的だと断じられかねないながらも、歴史を通じて伝えられてきた伝承・伝統は根拠なく残っていると考えてよいものでしょうか。私たちの生活に影響を期待するものを理論で判断したのではなく、言い伝えであることを根拠にしてきたのでしょうか。

言い伝えなどの伝承・伝統が残るにも根拠が必要です。しの根拠は実証性です。科学的分野でも実証性は極めて重要な要素です。効果のない薬が理論的に素晴らしくても実証性がなければ認可されないのと同様です。

自然のみを対象にした西洋科学とは異なり、東洋の言い伝えには人間を中心に考えたから効果があるものが見つかります。違いを生み出しているのは、人間の認識が世界の有り様を大きく変えるという前提です。

認識によって大きく効果が変わるというのは実際に体験可能です。目的の書籍があるかどうかがわからないと思いながら、大きな書店を探し歩いても、見つからないでしょう。あるという確信がなければ、私たちは目の前のものも認識できなくなります。

あるかどうかわからない探し物は見つからないのです。ですから、幸運があると思わなければ、目の前の幸運にすら気づかないのは当然です。不幸だと思っている人は、目の前の幸運に反応できないのではないでしょうか。

確信が幸運を見つけ出すと言えるでしょう。自分には幸運がやってくる、出会いがあるという確信や信念を育てなければ、せっかくの出会いを見逃してしまうリスクが高まります。逆に少しずつ、練習すれば無意識的に自分は幸運だと確信できるようになり、そうなれば、目の前のチャンスを自動的に掴まえるようになります。

出会いは確率的に理解することが合理的です。そのためにまず、空間的確率を高めるという考え方が試してみるのにふさわしいかも知れません。これもまた少しずつ実行しようとするのに都合が良いからです。

偶然の出会いではなく、確率に配慮した出会いを求める方法を考えましょう。偶然では確率的な高低に配慮していませんから、なにもしないで寝そべっていても同じ結果を招きます。

空間的な確率を高めるには周囲の支援を喚起する方法もあります。目立つ方法でなくても、出会いを求めていると周囲の人が気づくような方法はあるはずです。昔であれば、このためにお札やお守りを用いたのではないでしょうか。

また期間的確率を高めることも大切な心得でしょう。本日限りはバーゲンセールの決まり文句ですが、出会いを求める上では適当とは思えません。期間を延ばせば延ばすほど確立はあがります。

そして段階的に確率を高めることで、より出会い体質になることができるはずです。段階的に確率を高めることで、大きな目標に向かうときには、幸運に対する確信が強められて、強化学習によって確信を養い育てることになります。

実証性は実現可能性を持ちます。実証性に支えられてきた開運術は確率を高めることによって伝えられてきたといえるでしょう。